米国製薬最大手 ファイザーから配当金【PFE】

スポンサーリンク

現在の製薬企業世界最大手はノバルティスファーマ。

ファイザーは第二位。

それでも米国製薬企業として最大手なのがファイザー。

製薬会社ランキング 売上高第6位の【JNJ】から配当金獲得
生命関連企業、医薬品銘柄は景気連動性が低い為、ディフェンシブであるといわれる事が多い。ひとたび、ヒット商品を生み出せれば、特許切れまでの約10年はディフェンシブといえると思う。だが、医薬品開発はそう簡単ではない。自社...

そのファイザー【PFE】から、150株分 32.29ドルの配当金を獲得した。

この銘柄からは初めての配当金。

本年3月に初購入したばかり。

購入した当時は配当利回り4%超えの水準。

現在は3.4%前後。

いま思えば、良い時に買えたものだ。

ファイザー【PFE】を新規購入 150株 28.95ドルで
米国製薬最大手 【PFE】ファイザーを150株 28.95ドルで新規購入した。買いたいと思っていた 近頃、ファイザーやメルクといった製薬大手銘柄を購入したいと思っていた。その理由としては、安定配当株という点が挙げられる...

指標

PFE
株価35.29
PER28.92
EPS1.22
配当3.4%
配当性向98.4%
増配年6
増配率(5年)9.2%
増配率(10年)4.0%
β0.86

配当性向が高いのが気になる木。

EPSが上昇して欲しい。

お願いファイザー、増配記録を伸ばして!

いや、

そこまで望まないから、減配だけは避けてください。

2016年第一四半期ハイライト

160611 pfe

ファイザーホームページより

ファイザーの第一四半期決算は良好であった。

特別項目を除く1株利益が16年通期に2.38〜2.48ドルになるとの見通しを示し、予想レンジを従来から0.18ドル引き上げた。

今後はどうする?

もちろん継続保有。

もしも配当利回りが4%を超える時が来たならば、追加投資をしていきたい。

製薬銘柄として私はファイザーの他に、【JNJ】と【GSK】を保有している。

ノバルティスとかサノフィ、ロシュ等もコレクションに加えてみたくもなったりする。

イギリスのEU離脱問題でごたごたしているうちに、アストラゼネカも狙ってみようかな。

あぁ、無計画。

基本は米国連続増配銘柄への成長投資

たまには、安定感のある製薬銘柄へ触手を伸ばす

そんな感じでヨシとしよう。

See you!

【追記】
はちどうきゅうどうは、マネックス証券でアメリカ株投資を実施中。個人的には米国株投資での優位性は圧倒的だと感じています。

☆詳細・申し込みはこちら→マネックス証券

【マネックス証券 米国株】
●手数料が業界最安値
●指値が90日と長く、ジックリ投資派に最適
●トレードステーションが使いやすい

参考スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれた
 
関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク