アメリカ株は為替を意識した取引が重要 円高なので【IYR】を購入

スポンサーリンク

iシェアーズ 米国不動産 ETFを購入した。

NISA口座のETF買付手数料無料であるメリットを活かし、76.66ドル×15 shareと少額にて。

ちなみに前回は70ドル前後で20株購入していた。

その時にもっと多めに購入しておけば良かった?

いやいや、円が一気に強くなった今、ETFを手数料無料で購入したのだからむしろ満足のいく取引。

尚、NISA口座は楽天証券を使っていて、円貨で海外ETFをドル建て購入している。

iシェアーズ 米国不動産 ETF 【IYR】 をNISA口座で20株追加購入していた
私は3つの証券口座を持っている。大まかに言って以下のような使い分け。米国連続増配銘柄:マネックス証券NISA    :楽天証券日本株     :SBI証券米国株購入に際し、Pro:マネ...

為替って、随分と大きく動くものなんだ

アメリカ株への投資をして、感じたこと。

それは、”ドル・円の為替レートは、大きく変化し予想通りにはいかない”

そんなの当たり前、って思うかもしれない。

だが、投資を実施し、自分の金融資産の評価額が為替によって大きく変動する事を目の当たりにすると、受け止め方が違う。

ドル建てでは結構いい感じで評価益も出てるのに、円でみるとなぜかマイナス。

これを許容し、受け入れ、咀嚼し、理解するという事はなかなかにハードルが高い。

一方で、このギャップをうまく生かすことが、資産を大きく殖やす事に繋がるかもしれない とも思う。

その前段階として、ドル・円の為替状況を、期間をずらし見直してみた。

2016年1月~ の為替

160430 fx

本年に入り、急激に円高となっている。

1ドル120円程度であったものが、現在は108円。

10%の円高。 (表現方法があっているのか不明)

100万円をドル転すると

120円の時: 8,333ドル

108円の時: 9,259ドル

と、約930ドルもの違いが生まれる。

100万円から、930ドルの利益を出すのは難しい。

だが円高の時に積極的にドル転すれば、それが容易になる。

私はそう感じている。

2014年9月~ のドル・円

160430 fx2

この2年間のドル・円Rateを見ていると、本年の為替状況での感じ方とはまた違う見方が出来る。

いまは円高が急激に進んでいる、 というよりは

もしかしてただ単純に、昔の状況にもどっただけ?

1ドル120円って円安すぎたんじゃないの?

私が米国株投資を開始した2015年初頭はもしかしてタイミング的には最悪?

だいたい、1ドルって何円だったら適切なの?

そんなネガティブな感情も生まれる。

それでも、私の米国株投資はドル建てではプラスで、円建てではぎりぎりとんとんって感じなので、ノープロブレム。

この円安状況でもアメリカ株投資が継続できていたならば、むしろこれからはもっと利益が出るんではないか?

米国株連続増配銘柄への配当成長投資の未来は明るい!!

と、むしろポジティブに捉える。

2009年4月~ のドル・円

160430 fx3

おおっと、

このチャートを見てしまうと、これまた衝撃的。

いまの1ドル=108円前後って、実は円高ではない?

1ドル100円切って、二けた円となるのが真の円高なのではないか?

そう思う。

これを踏まえて

だらだらと書いてしまったが、結局はこう!

いまはまだまだ円高と呼べる為替レートではない

だが私は、積極的にドル転していく

そんな訳で、マネックス証券へ円を入金する、はちどうきゅうどう であった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »