【IBM】16四半期連続減収でも、7.7%の増配

スポンサーリンク

【IBM】7.7%の増配

IBMが7.7%の増配を発表した。

1.3ドル/株 → 1.4ドル/株 となる。

0.1ドル/四半期の増配額。

私の保有は50株。

50株×0.1ドル = 5ドル/四半期 の増額。

年間では20ドルのアップ。

これは大きい。

足元の業績は芳しくない

IBMが16四半期連続の減収を発表し4-6月(第2四半期)利益見通しを引き下げた。

それを受けて、S&P同社の格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」に変更した。

ちなみに、IBMの格付けは「AA-」に据え置かれている。

16四半期連続の減収、つまり4年間ず~っと減収し続けている。

社員だったらたまったものじゃないね。

きっと人員整理やボーナスカット、福利厚生削減などあらゆる対策が講じられているのだろうと思う。

一方の配当成長投資を実施中の株主目線では、減収が続いているものの増配継続中であるので心強い。

指標

IBM
株価147.12
PER11.08
EPS13.28
配当3.8%
配当性向38.2%
増配年21年
増配率(5年)14.9%
増配率(10年)20.4%
β0.71

16四半期連続減収でも、しっかりと増配しているしそれでも配当性向は低い。

買い増ししたいレベルであるが、いま現在【IBM】は私のポートフォリオ第二位にある。

なので追加投資はやや躊躇してしまう。

今後はどうする?

配当金を指標として、投資をするならば【IBM】の保有は良いオプションである。

だが、株価を気にしての投資となると好ましくない。

なにせ16四半期連続減収中銘柄である。

全然期待されていない【IBM】ではあるが、株価は減収と共に下落するという予想が成り立つ。

いまのValuationを見ると追加投資したくもなるが、過渡に【IBM】偏重のポートフォリオとはしたくない。

なので私はいまの50株保有を継続する事にする。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク