医療費節約~高額療養費制度を知り、医療費を削減する~

スポンサーリンク

お金の世界においては、人生の三大支出は大きく「住宅資金」「教育資金」「老後資金」と言われている。

よーく考えよう、お金は大事だよ♪

そんなCMを記憶している方も多いだろう。

何の宣伝であったか?

それはアフラック。

つまり保険。

人生の三大支出に加え、保険料という支出も考える必要がある。

その保険料の内、医療保険を考えてみる。

医療保険に入る前に、高額療養費を知っておいて損は無い。

高額療養費とは

高額療養費(こうがくりょうようひ)とは、健康保険法等に基づき、日本において保険医療機関の窓口で支払う医療費を一定額以下にとどめる医療保険制度である。

1ヶ月間(同月内)に同一の医療機関でかかった自己負担額を合算し、自己負担限度額を超えた分については保険者(全国健康保険協会健康保険組合、市町村等)によって支給される(健康保険法第115条、国民健康保険法第57条の2)。原則として、保険者に対し高額療養費支給申請書を提出することで自己負担限度額を超えた分について後に支給されるが、一部の健康保険組合では支給申請書を提出しなくても自動的に支給される制度を採っている。

ウィキペディアより

通常の方法では、一旦窓口で自己負担をする必要がある。

その後に、自己負担を超えた分について支給がされる。

これでは、窓口で多額のお金を払う必要が出てしまう。

それを避ける事が出来る、事前申請システムが存在するのだ。

70歳未満の場合

入院前に手続きをとっておくことにより、入院費用の定額の限度額である3割(小学校就学前は2割)を窓口で負担するのではなく、自己負担限度額のみの窓口負担ですむ。

70歳未満の患者が入院する場合に、あらかじめ「限度額適用認定証」を病院の窓口に提出しておくと、まず入院費用を支払った後に入院に関わる高額療養費が支給(還付)されるのではなく、入院で保険適用される診療分の窓口負担が自己負担限度額までとなる。

自己負担限度額を超える費用が医療行為として現物給付化されることで、窓口負担が軽減するというシステムが存在するのだ(高額療養費の現物給付化)。

70歳以上の場合

70歳以上の患者の場合は、すでに高額療養費の現物給付化の制度が取り入れられている。

つまり、入院費用の定時請求分としては自己負担限度額を上限として請求されいるので、70歳未満の場合のような事前の手続きの必要はない。

医療保険に入る前に

高額療養費を知っておく必要がある。

健保組合によっては、さらに自己負担額が少なくて済む場合もある。

サラリーマンのメリットを最大限に生かすには、万が一の時の医療費についても想定しておく事は大事。

そうして節約できたお金を何に使うか?

それは人それぞれ。

だが、私は投資をおすすめしたい。

投資の対象はもちろん、米国連続増配銘柄!!

ぜひ、みなさんも医療保険について考えてみてみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »