日経225 ETFを売却~17450円で20単位~ 【1329】

スポンサーリンク

iシェアーズ 日経225 ETF 【1329】を先週末に保有分20単位全て売却完了。

単価 17450円也。

実は、一か月前にも10単位を売却していた。

その時の価格は、17,320円

少しだけ高く売れた。

手数料は稼いだかな。

iS225とiSJPX400 を10株ずつ売却 どうせなら米国か世界インデックスだよね

日経225 ETFの株価推移

160415 nikkei

これは5年推移。

アベノミクスで順調な右肩上がりの後、2015年後半から失速中。

これから盛り返すか、それともそのまま下落してしまうのか?

いったいどうなるのだろう。

①盛り返す場合

17,000円から、最高値付近の21,000円程度までになったらどうか?

約24%の上昇。

20株だと、34万円→42万円。

プラス8万円の計算。

②このまま失速する場合

17,000円からアベノミクス前の、10,000円程度までは下がる余地はある。

その場合は、約-41%

20株だと、34万円→20万円

つまり14万円の損をする事となる。

③両方の可能性を鑑みて

+24% ~ -41% の可能性を考えると、売却したくなる。

上値が、去年の高値を超えられるという前提を持てない限りは。

という事は、日経平均が2万円を超えるかどうか、そこがミソとなる。

私は2万円超えはちょっと難しそうだなぁ と思う。

なので”売却”という選択をチョイスした。

今後はどうするか?

日本株は徐々に売却を進める予定。

だが日本個別銘柄をどのタイミングで売るのかは悩む。

現在保有の日本株

SBI証券

JT +142,000円 (+42.4%)

三井住友 -50,000円 (-12.45%)

キヤノン -40,900円 (11.03%)

コマツ -33,850円 (14.40%)

みずほ -25,Ⅰ00円 (-13.07%)

三井物産 -17,850円 (-11.78%)

日産自動車 -4,550円 (-4.27%)

マネックス証券

桧家HD +18,000円 (+6.86%)

J-コモ +59,700円 (+35.33%)

蔵王産業 +20,200円 (+18.67%)

キヤノン -33,000円 (-4.78%)

ANA +12,300円 (+64.59%)

売るタイミング

評価損の出ている銘柄は、税金還付を目的に売るかな。

売却益の額を見て、それに合わせた額のマイナス分を吐き出す。

損益通算。(といっても、売却自体が少なく売却益もほとんどないのだが)

評価益のある銘柄はいつ売ろうか?

これは難しい。

配当利回りも結構いいものばかりだから。

おいおい考える事にしよう。

やっぱり

米国連続増配銘柄へ継続投資していく!!!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク