アーリーリタイアメント達成したらこんな感じ

スポンサーリンク

アーリーリタイアメントを達成した人は、どんな感じで日々を過ごしているのだろうか?

私と同じような、サラリーマンからの達成者の場合は?

伝え聞いたことはあるが、実際には分かりかねる。

ちょっと夢想してみた。

前提①:働かなくても細々とならば暮らしていけるレベル

アーリーリタイアメントの大前提。

それは、ある程度の経済的自由を確保している事。

例として、配当金だけで月収が30~40万程度を見込める事。

もっと多ければ多いほど、さらに楽しいアーリーリタイアメント生活が送れるかもしれない。

前提②:健康であること

アーリーリタイアメント達成は、健康である事を前提としたい。

これは家族全員の健康という事。

幸いなことに、現在我が家の全員は健康状態は良好。

この状態が長く続くかどうかはわからないし、”健康”というものが当たり前ではなくありがたいこと というのを忘れずにしたい。

前提③:時間がたっぷりある

アーリーリタイアしたら、いまの労働時間分は時間的余裕が出来るはず。

週60時間程度?

通勤時間も含めたらもっと多いかもしれない。

その空いている時間に何をしたいのか?

それを考える事が、ワクワクする。

働かないって、ワクワクしない?
働かないって、ワクワクしない? を読んだ。ブログ徘徊している際に見つけた著書。購入して読み終わった。気になったワードを抜粋して備忘録代わりにしておく。あなたも、のんきで気楽な生活ができる 米国商務省の貯...

アーリーリタイアメントしたら?

毎日昼寝したい

私、基本は超インドア派。

隙あらば昼寝したい。

なので、アーリーリタイア達成したら、毎日昼寝してやる!

運動不足になるだろうから、ストレッチくらいは毎日するかな。

子供とも遊ぶし、妻ともお出かけ

毎日が休日になる。

そうなると、子供たちが学校や幼稚園にいっている間は、妻と二人になる。

この時間も大事にしたい。

毎日って訳にはいかないが、お出かけするにしても店はすいていし、最高だね。

投資に時間をかける?

時間があるという事は、興味のある事に目が行くだろう。

この場合は、投資。

毎日の株価推移が気になってしまうかもしれない。

配当金をKPIとした米国株連続増配銘柄への投資をいまから選択している事は、株価推移が気になるという病気を避けるのに良いだろう。

読書する

新しく何かを学ぶ、読書する という選択肢も幅が広がる。

読書する場合には、老眼との闘いが必要になるかもしれない。

オーディオブックという方法もある。

どっかの学校にでも入学して新たに学びを得るかな。

そんな事も考えられる。

DVDとかゲームとかしまくる

最近、スポ根アニメDVDを我が家ではレンタルしてみている。

ちょっと前は、黒子のバスケ

最近は、弱虫ペダル

仕事が終わって、深夜に見る か 休日に見る事が多いが、アーリーリタイアしたらそんな事は関係ない。

いつみてもOK。

アニメ以外にも、映画やドラマを見まくってもよい。

ゲームをやりまくってもよい。

今現在は、全く実施していない事も、アーリーリタイア達成後は可能となる。

旅行を頻回に

家族旅行はいまでもちょいちょいしている。

子供たちは学校・幼稚園がある。

旅行をするにしても、それらが休みのときにするか、休んでいくかが必要となる。

もう少し子供が大きくなってからだと、妻と二人で旅行にいく という選択肢が出てくる。

そんなこんなで

アーリーリタイアメント達成 = 自分のやりたいことに多くの時間を割く事が出来る

このように私は考えているのだと分かった。

そしてその前提には、

身体的自由

精神的自由

時間的自由

経済的自由

などがある。

これってアーリーリタイアしないと実現できない事なのか?

アーリーリタイアする事は手段の一つではあるが、最終目的ではないのかもしれない。

それにしても、私の本質は”なまけもの” という事を改めて実感した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »