米国株 私の配当成長投資、配当金一覧を公開~2015年度版~

スポンサーリンク

米国株の連続増配銘柄中心のポートフォリオ構成銘柄における配当金一覧を作成してみた。

これはよく拝読している、適当なる投資家K.の米国株式投資録  や Roadmap2Retireのパクリ。

ちなみに、私は3つの証券口座を有している

マネックス:主に配当成長銘柄 + 日本銘柄 + 投信積立

楽天証券(NISA):主に米国ETF

SBI証券:日本高配当銘柄 + 投信積立

今回は、マネックス証券口座の、米国株・配当成長銘柄ポートフォリオからの配当金の記録。

配当金一覧

160406 dividend

ぱっと見て、いつ購入して、いつ配当金ゲットしたのか? が分かるのが好き。

濃い緑色は増配月を示していたが、途中から記録するのをうっかり忘れていた。

気にしない気にしない。

オレンジ色は、購入した事を表す。

ちょこちょこと追加投資しているのが分かる。

これだったら受取配当金は右肩上がりでしょ!

四半期毎配当金状況

160405 dividend2

あら?

2015年3Qをいまだ超えていない。

随時追加投資している + 配当成長銘柄 = 受取配当金は右肩上がり

でしょう?

なぜ、なぜなんだ~!!

2015年3Q vs 2016年1Q 詳細

Symbol 2015.3Q 2016.1Q 増減
Taxable account 685.14 655.29 -29.85
AXP 2.1 2.1 0
BAX 14.94 3.32 -11.62
BXLT 0 2.03 2.03
CAT 0 5.55 5.55
CINF 0 0 0
CVX 19.2 19.2 0
EMR 16.87 17.05 0.18
GSK 23.37 21.88 -1.49
IBM 37.31 46.63 9.32
IFGL 35.45 12.2 -23.25
IYR 9.45 13.79 4.34
JNJ 37.68 43.05 5.37
MCD 15.25 15.96 0.71
MCY 31.02 31.14 0.12
MO 7.48 8.13 0.65
MSFT 11.13 12.93 1.8
NGG 43.58 22.58 -21
PFE 0 0 0
PFF 50.48 64.32 13.84
PG 26.17 26.16 -0.01
SO 42.81 42.82 0.01
T 60.69 61.98 1.29
TAL 108 33.75 -40.5
VT 13.02 16.96 3.94
VZ 39.46 40.54 1.08
WFC 10.77 21.54 10.77
WMT 10.57 17.59 7.02
XOM 18.34 18.34 0

半年前よりも配当金が下落しているのは6銘柄

第6位:【PG】 -0.01ドル

プロクター・アンド・ギャンブル、これはまったく問題なし。

小数点以下の表示の誤差のみ。

マイナス表記されているが、現実的には±0という事。

第5位:【GSK】 -1.49ドル

グラクソ・スミスクライン、これも問題なし。

【GSK】はイギリスの会社。

ポンド安なだけであって、配当金が低下している訳ではない。

第4位:【BAX】 -11.62ドル

バクスター、これは気にする必要がある。

もともと【BAX】は優良な配当成長銘柄であった。

連続増配年も確か9年を達成していたはず。

それがスピンオフによって二つの会社に分かれてしまった。

分社したバクスアルタと合わせても、トータルの配当金は減配となっている。

残念(泣)

第3位:【NGG】 -21ドル

ナショナル・グリッド、これはノープロブレム。

なぜならば、この銘柄は四半期配当ではない。 半期で配当支払いする会社である。

配当金は1月・8月。

そして例年、8月の配当金は1月のそれよりも明らかに高い。

第2位:【IFGL】-23.25ドル

iシェアーズ 先進国(除く米国) 不動産 ETFには困った。

先進国REITに分散できるし、優良ETFであるには違いない。

だがその分配金はデコボコがある。

今回はそれが数値化された。

【IFGL】自体は悪くない。

第1位:【TAL】-40.5ドル

TALインターナショナル、これは大問題。

理由が”減配” であるから。

減配発表よりも以前に、【TAL】へ追加投資を数回実施していた。

この取引は今思うと失敗だったわけ。

単純な高配当銘柄へ投資するという事は、このようなリスクがあることを体験した。

減配は配当成長投資の敵。

この事はしっかりと肝に銘じておく。

今後どうするか?

これまでと変わらない。

配当金をKPIとして投資を継続していく。

その為には減配リスクが低い銘柄をチョイスする必要がある。

銘柄選択には過去の実績、つまり連続増配年を重視する。

次の四半期、2016年2Qは、自身最高の配当金記録を達成したい。

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク