米国株投資を実行するかは自分次第

スポンサーリンク

春、それは旅立ちの季節。

心新たに何かを始める方も多いだろう。

そんな時期なので、ふと思った事を残しておく。

それは

やるか、やらないか は自分次第 それは投資も同じ という事。

計画をたて、それを実行する為の、便利で普遍的なフレームワークを思い出した。

計画、思った事を実行する為の便利なフレームワーク

5W1H

社会人なら一度は聞いたことがある、5W1H。

What(何を)

When(いつ)

Who(誰が)

Where(どこで)

Why(なぜ)

How(どうやって)

の頭文字から成り立っている。

人から・人への指示、事象を共有するのに便利な考え方。

自分の考えを整理する上でも便利。

もし投資を始めたい、 継続する or 中断、中止するような事を考える際にも、このフレームワークは活用可能。

PDCA

”PDCAサイクル” とか ”PDCAをしっかり回そう” とかそんな事を聞く。

それはすなわち、

Plan:「仕事の目的は何か?」「いつまでにする仕事?」「誰が、何をするべき?」

Do:自分一人でできなかった時、誰に何をいつまでにお願いするかを考える

Check:60%程度進めたら、方針が間違っていないかを振り返ってみる

Action:Checkを受けて改善するべき点を踏まえて、PDCAを再度繰り返す

これはどの場面でも有効。

もちろん株式投資においても。

160404 pdca

 

でも結局は?

やるか、やらないか は自分次第。

そして自ら選択した行動については、自身で責任を取るというのが大前提。

もちろん投資においても、それは至極当然。

何かを実行する というのは自己責任であるし

何もしない という選択をしたのも自分なので、それは自身で責任を負うべき。

一人の人間として、大人として、多くの選択肢の中から自分でチョイスした結果が自分の人生。

私はそう思う。

配当成長投資についても同様。

投資する/しない、 投資戦略を設定する/設定しない、日本株を選ぶ/選ばない などなど。

その結果、私は米国株連続増配銘柄、配当成長投資を自ら選択し、実行している。

それを継続するのも自分自身による決定。

自分で信じ、自分で決定した投資方針を今後も貫いていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »