マイクロソフトPERが高いけど大丈夫か? 【MSFT】から50株分 12.93ドルの配当金獲得

スポンサーリンク

ビルゲイツの作った、【MSFT】から50株分 12.93ドルの配当金獲得した。

株価はやや割高水準まで上がってきているようだ。

指標

MSFT
株価53.49
PER37.86
EPS1.41
配当1.44 (2.63%)
配当性向103%
増配年14年
増配率(5年)18.60%
増配率(10年)15.00%
β1.04

配当性向100%over、、、 タコ配

しかもPERが、”割高”を示している

PERの推移 (5年)

160320 msftYchartより

2015年中ごろに、どどーんとP/Eが上昇している。

マイクロソフトにとっては、この株価水準はやや割高ではないだろうか?

そう感じたときはどうする?

購入した時の理由を振り返ってみよう。

マイクロソフト株を購入した理由

それは高い増配率。

以下は、【T】と【MSFT】の配当利回りと増配率の予測

AT&T:青  マイクロソフト:赤

T MSFT 

マイクロソフトの増配率が今後5年間も同程度に続くとした場合のYield on cost が【T】を凌ぐ という予想が立てられる。

その為に、【MSFT】株を購入したのであった。

しかも購入当時のEPSは高く、配当性向は50パーセント。

その瞬間のマイクロソフト株購入は間違いではなかった、そう思いたい。

一方でここから学べる事は、EPSが大きく動く銘柄は、PERも配当性向もすべての指標が大きくぶれるという事。

過去のEPS推移をしっかりとチェックするという事の重要性を身をもって感じた。

http://america-kabu.com/2015/06/21/dividend-msft/

ではどうするか?

いま現在、私が保有している【MSFT】は 30%程度の含み益が乗っている。

売却して他銘柄に乗り換えるもよし

継続保有して、髙い増配率に期待するもよし

追加購入して、夢を膨らませるもよし

結局、どうしたって良い。

だったらほったらかしにして、他銘柄の事でも考える事にしよう。

そんな具合で、【MSFT】以外の米国株連続増配銘柄を、今後も買い増していく。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク