投資を実施する際の7つのルール

スポンサーリンク

私は米国連続増配銘柄にフォーカスし、バイ&ホールドを前提とした投資方針をとっている

その方針を決めてからは、投資本でも勉強するようになった。

関連する投資戦略に言及している書籍も読み始めた。

そこから得られる情報は多い。

さらには配当投資を実施している国内外のブログも読み漁った。

主に知識のインプットが中心。

だが、インプットだけでは意味が無い

アウトプットも実施しなくてはいけない。

自分の行動にどうやって繋げるか?

海外ブログからインプットした”投資を実施する際の7つのルール”を備忘録として残しておく。

投資を実施する際の7つのルール

1: 高い配当利回りは高リターンと同義ではないと心得よ

2: 増配に意識を集中せよ

3: 配当の安定こそ吉、減配リスクの少ない銘柄を見つけよ

4: 将来に渡り有望なビジネスモデルを有する会社を重視せよ

5: 買えるなら買え、タイミングはその次だ

6: 購入した際の理由が無くなれば、それは即ち売りだ

7: 原則を考えよ、成長を意識せよ

Dividend Mantraからのインスピレーション

1:高い配当利回りは高リターンと同義ではないと心得よ

高配当という”だけ”では、高リターンにならない、

そういう事。

高利回り+高増配率   :最高

高利回り+低増配率   :Good

高利回り+減配リスク大 :NG

キンダーモルガンが75%の減配をした事が記憶に新しい。

高配当銘柄 vs 高増配銘柄 ~【VZ】を例に~
【VZ】 ベライゾン・コミュニケーションズから100株分、40.53ドルの配当金を獲得した。【VZ】は高配当銘柄である。配当利回り:4.9%増配率  :2.9% (5年平均)となっている。...

2:増配に意識を集中せよ

これこそ最重要。

私は配当成長投資、米国連続増配銘柄へ集中投資を謳っているのだから。

対前年増加額の推移

151107 Divi②

3: 配当の安定こそ吉、減配リスクの少ない銘柄を見つけよ

減配リスクが少ない銘柄 ≒ 連続増配銘柄

という解釈をしている。

とくにリーマンショックを乗り越えている連続増配銘柄は、安心感が違う。

一時もてはやされていた、キンダーモルガンの減配アナウンスは衝撃的であった。

その後の株価急落を見たら、ありゃりゃりゃ~って感じになる。

その際に、バフェットが拾ったというニュースを後日見たときは、更に驚いた。

う~ん、投資って奥が深い。

減配リスクを考える~【KMI】キンダー・モルガンが配当75%カット~
北米最大の石油・ガスパイプライン運営会社キンダー・モルガン【KMI】は2016年の配当金を74%引き下げる とアナウンスした。恐ろしや恐ろしや。 指標 株価  :15.72PER  :29.83EPS  :0.5...

4: 将来に渡り有望なビジネスモデルを有する会社を重視せよ

素人には判断が難しい。

だったら過去からラーニングするしか私には方法が無い。

過去とは、減配無し・連続増配 銘柄を示す。

すなわち

将来に渡り有望なビジネスモデルを有する会社 ≒ 減配無し/連続増配

という具合。

5: 買えるなら買え、タイミングはその次だ

バイ&ホールド方針とはいえ、いつ買うのか?

これは実際に投資をしてみると難しい。

株価下落時は、もっと下がるかも と不安になり

株価暴騰時は、ちょっと高いからもう少し後で と購入を躊躇しがち

そんな際は

買える時に逐次買っていく 

やっぱりこれが良い。

ファイザー【PFE】を新規購入 150株 28.95ドルで
米国製薬最大手 【PFE】ファイザーを150株 28.95ドルで新規購入した。買いたいと思っていた 近頃、ファイザーやメルクといった製薬大手銘柄を購入したいと思っていた。その理由としては、安定配当株という点が挙げられる...

6: 購入した際の理由が無くなれば、それは即ち売りだ

売り時も難しい。

上記同様に

株価暴騰時は、もうちょっと上がるかもしれない

株価下落時は、損失確定はしたくないなぁ

と売却を躊躇しがち。

バイ&ホールドとはいえ、売るべき時や売らざるを得ない際もある。

そんな時は、買った理由を思い出しそれを棄却できれば売り時という事。

7: 原則を考えよ、成長を意識せよ

この言葉は株式投資だけではなく、人生にも当てはまる言葉。

投資においては

原則/目的 → アーリーリタイアへの手段であるし

成長   → 増配や投資戦略の成長

これを意識する。

この7つのルールは海外ブログからの引用だが、日本でも通じる。

私は引き続き米国連続増配銘柄へ投資していく。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『投資を実施する際の7つのルール』へのコメント

  1. 名前:ゆ~てい 投稿日:2016/03/21(月) 22:53:05 ID:df2a49e2c 返信

    投資ルール、非常に参考になります。
    「#5: BUY WHEN YOU HAVE MONEY IN HAND」はチキンなので躊躇してしまいます・・。

    私もファイザーを狙っています。増配記録は大したことが無いものの、配当も良く長期安定しそうではありますので、購入の価値はありそうです。

    問題はいつ買うか。やっぱり今、でしょうか。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/03/22(火) 07:12:59 ID:a264319e5 返信

      ゆ〜ていさん
      いつ購入するか、 は、日々株価が変動するという市場において非常に悩ましい事ですよね。
      その結果がどのようになっても、自分自身で納得出来る事が大事、と私は考えてます。

      とは言いつつも、なんでこんな銘柄買ってしまったんだろう?なんて思うこともありますが。