株価下落局面では節約に励もう 家計簿公開 【16年1月】

スポンサーリンク

今年の目標の一つとして、支出10%抑制 を掲げていた。

【無料】ネットで簡単収支管理 – マネーフォワード にて家計管理を実施し、対2015年支出で10%削減しよう というものである。

つまり、平均支出を40.5万/月 にする という事。

毎月の家計支出をトラッキングして、目標との差異を把握する。

4人家族で支出予算を月額40.5万に! 我が家の2016年目標!!
2016年の予算立てを実施した。その結果は、月額:40.5万円 (固定費:13.9万  変動費:26.6万)Budgetするにあたり、3ステップを踏んだ。ステップ①:現状を知る 自分自身で、年間でいくら...

家計簿公開【16年1月】

 目標1月実績対目標
支出合計40500038704717953
食費850006328621714
現金・カード00
交通費1500051409860
趣味・娯楽400002965410346
日用品300001901410986
衣服・美容25000756017440
特別な支出00
交際費2500097790-72790
住宅5100050600400
水道・光熱費1500020380-5380
教養・教育45000364808520
通信費1800031755-13755
自動車1600025080-9080
保険25000025000
健康・医療500005000
税・社会保障10000010000
その他308-308

なかなかに順調な滑り出し。

1月は六本木で少し遊んでしまったので、交際費が膨らんだのはご愛嬌。

2月・3月の交際費支出は抑えるよう意識する。

月別推移 【15年1月~】

kakeibo

昨年の下半期からは順調に支出抑制ができている。

このまま順調に削減を継続していきたい。

FI% 経済的自由指数

私は、

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式を重要視している。

この数字が100%に達したとき、それは即ち完全な経済的独立。

2015年は9.9%であり、2016年は13.6%をが目標。

経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9%
毎月、配当金獲得額と家計支出をトラックしている。しかし年末年始という事もあり、12月分はうっかり忘れていた。FI%(経済的自由指数) 私は、FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額...

16年1月は、

受取配当金:50,567円

家計支出 :387,047円

FI%   :13.1%

受取配当金を増加する事

家計支出を抑制する事

をベースにして、米国株 とくに連続増配銘柄への投資にCashを振り向けていく。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク