エクソンモービル【XOM】 2016年はタコ配、配当金は維持可能?

スポンサーリンク

エクソンモービルの配当性向について言及する投稿を見つけた。

ExxonMobil’s Payout Ratio Could Top 100% in 2016

2015年のエクソンモービル

2015年の原油価格はミゼラブル、がっつり下がってオーマイガッ。

【XOM】のネットインカムは35パーセント減少、配当性向はなんと75%まで上昇。

これは1992年以降、最大の配当性向。 そして1985年以降では3番目の高さ。

2015年はエクソンモービルにとってはタフな1年だった。

しかーし、2016年は更に苦難の道。

2016年のエクソンモービル

アナリストによると、ネットインカムがさらに35%減少し10.5億ドルとなると予想。

2015年の【XOM】による配当金総額は、12.1億ドル。

あらら、このレベルだと配当性向100%超え。

33年連続増配銘柄にとっては注目に値する数字。

連続増配期間中で、配当性向100%overは初の事。

だからといって、いきなり減配する という事は無いと思われる。

しかしながらこの状況は由々しき事。

なにしろ【XOM】にとっては前代未聞。

投資家にとっては、エネルギーセクター、原油価格と共にエクソンモービルの行方にも注視する必要あり。

この状況の中で私はどうするか?

現在35株のみを保有中。

評価損:-10.2%

石油需要は今後も激減しない、

原油価格はいずれ上昇、

【XOM】の増配は今後も継続

という前提にたち、少しずつ買い向かう。

その場合、配当利回り4%超えを目安とし、70ドル前後でジャブをうってみる。

シェブロンはもっと心配だ(心の声)


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク