暴落(30%以上の下げ)は1932年以来、5回起きている

スポンサーリンク

ピーター・リンチの株で勝つを読んでいる。

まだ読み途中であるが、気になった点があったので書き留めておく。

歴史は

調整(10%以上の下げ)は2年ごとに

弱気相場(20%以上の下げ)は6年ごとに起こると告げている。

そして暴落(30%以上の下げ)も悪夢の1929~1932年以来、5回起きている。

ほんと?

気になったので自ら検証してみよう。

ダウ平均株価の推移(1980~2015年)

151224 ダウ

世界経済のネタ帳より

すぐに1980年からのデータが拾えた。

こうしてみると、素晴らしい。

多少のデコボコはあるが、基本右肩上がり。

これぞ米国株の妙味。

ちなみに、日経平均株価推移はこちら。

151224 日経

ダウ平均株価の対前年比推移(%)

151224 対前年

対前年 備考
1980
1981 -9.2%
1982 19.6%
1983 20.3%
1984 -3.7%
1985 27.7%
1986 22.6%
1987 2.3%
1988 11.8%
1989 27.0%
1990 -4.3%
1991 20.3%
1992 4.2%
1993 13.7%
1994 2.1%
1995 33.5%
1996 26.0%
1997 22.6%
1998 16.1%
1999 25.2%
2000 -6.2%
2001 -7.1%
2002 -16.8% 弱気
2003 25.3%
2004 3.1%
2005 -0.6%
2006 16.3%
2007 6.4%
2008 -33.8% 暴落
2009 18.8%
2010 11.0%
2011 5.5%
2012 7.3%
2013 26.5%
2014 7.5%

34年の対前年比データでは、

対前年比マイナス   :8回 (23.5%)

弱気(10%以上下落):1回 (2.9%)

暴落(20%以上下落):1回 (2.9%)

となる。

年次でみると、大きくマイナスとなる事は少ないのだ、ダウ平均株価は。

これをポジティブにとらえるとどうなる?

チャイナショックのような、月次での10%の暴落時はダウ銘柄は買い!

そうとも言える。

ダウ平均株価の対前月比推移(%)

151224 対前月

70か月分のデータでは

対前月比マイナス : 23回 (32.9%)

であった。

四半期に一回は、月次株価が下がっている事になる。

ダウ平均株価の対前月比推移(%)データ

年月 対前月
Jan-10
Feb-10 2.6%
Mar-10 5.1%
Apr-10 1.4%
May-10 -7.9%
Jun-10 -3.6%
Jul-10 7.1%
Aug-10 -4.3%
Sep-10 7.7%
Oct-10 3.1%
Nov-10 -1.0%
Dec-10 5.2%
Jan-11 2.7%
Feb-11 2.8%
Mar-11 0.8%
Apr-11 4.0%
May-11 -1.9%
Jun-11 -1.2%
Jul-11 -2.2%
Aug-11 -4.4%
Sep-11 -6.0%
Oct-11 9.5%
Nov-11 0.8%
Dec-11 1.4%
Jan-12 3.4%
Feb-12 2.5%
Mar-12 2.0%
Apr-12 0.0%
May-12 -6.2%
Jun-12 3.9%
Jul-12 1.0%
Aug-12 0.6%
Sep-12 2.6%
Oct-12 -2.5%
Nov-12 -0.5%
Dec-12 0.6%
Jan-13 5.8%
Feb-13 1.4%
Mar-13 3.7%
Apr-13 1.8%
May-13 1.9%
Jun-13 -1.4%
Jul-13 4.0%
Aug-13 -4.4%
Sep-13 2.2%
Oct-13 2.8%
Nov-13 3.5%
Dec-13 3.0%
Jan-14 -5.3%
Feb-14 4.0%
Mar-14 0.8%
Apr-14 0.7%
May-14 0.8%
Jun-14 0.7%
Jul-14 -1.6%
Aug-14 3.2%
Sep-14 -0.3%
Oct-14 2.0%
Nov-14 2.5%
Dec-14 0.0%
Jan-15 -3.7%
Feb-15 5.6%
Mar-15 -2.0%
Apr-15 0.4%
May-15 1.0%
Jun-15 -2.2%
Jul-15 0.4%
Aug-15 -6.6%
Sep-15 -1.5%
Oct-15 8.5%
Nov-15 0.3%

私見

2016年以降は利上げしたこともあり、対前月比でマイナスになる事が多くなろう。

その際には積極的に買い向かいたい。

その為にはある程度のドルを証券口座に保持しておこう。

アメリカ株では手数料がリーズナブルな、マネックス証券が断然オススメ。

See you!

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク