【売却】 J-REITを売った、 損を出したら税金が戻ってきた

スポンサーリンク

今月、インベスコ・オフィス・Jリート【3298】 およびトーセイ・リート【3451】を売却した。

なんとなく、えいやっ という感じで売ってしまった。

だが自分の中にあるその理由を考えてみた。

【新品】【本】五輪景気を逃すな!J-REIT「金メダル」投資術 酒井富士子/著

価格:1,620円
(2015/11/21 21:15時点)
感想(0件)

分配金

トーセイ: 5.40%

インベスコ:4.8%

どちらも利回りは高い部類だ。

しかしながらこの分配金は今後増えていくであろうか?

J-RIETに関しては、分配金が継続的に増える という事は、

過去の推移からも、今後の予測からも考えにくい。

さらに、米国連続増配銘柄に投資する という私の方針にもそぐわないので売ってやった。

今後は、米国もしくは世界のREITを購入しようかと模索中。

売却損

2015年は30万ちょいの売却益があった。

マネックス証券の”譲渡損益額と還付金履歴” のページを見てみたら、結構な額の税金を支払い済。

なんかもったいなくない?

そんな思いが込み上げてきた。

評価損を出している銘柄を売っちゃえ、J-RIET売っちゃえ という勢いが出てきた。

結果、67,803円もの評価損を計上した。

そして、

所得税:10,385円

住民税:3,391円

をとり戻した。

損したけど得した、ちょっと複雑な気分。

これも投資家への道程! そう思って自分を納得させる。

今後

2015年はまだ27万の売却益がある。

そして、評価損銘柄はけっこうあったりする、特に米国株(泣)

なので、評価損銘柄をいったん売却して税金対策なんてやってみようかと思っている。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク