マクドナルド【MCD】 40年連続増配達成

スポンサーリンク

【MCD】 マクドナルドが、4.7%の増配を発表した。

四半期あたり、0.85ドル → 0.89ドル の増加である。

指標

株価  112.1ドル

PER   24.2

EPS   4.6ドル

β    0.48

配当   3.18%

配当性向  77.01%

連続増配  40年

増配率   10.3%(5年平均)

今回は4.7%の増配という事で、ここ数年の伸び率から比べると物足りない。

しかしながら40年連続増配達成という事は意義ある事であるし、末永くお付き合いしたいと思わせる数値だ。

増配のインパクト

年間配当としては、3.4ドル → 3.56ドル への上昇という事になる。

私は【MCD】を25株保有しているので、

年間配当は、85ドル → 89ドル へと上昇する事になる。

わずか4ドルの上昇といえども、ばかにならない。

例えば配当利回り3%の株を仮定すると

4ドル ÷ 3% = 133.3ドル分の株を購入したのと同等の価値があるといえる。

ちなみに私のYOCは、3.96%まで上昇した。

2015 3Qの Investor meeting

11月10日にInvestor meeting があり、その際の資料がすでにアップされている。

ちなみに、マクドナルドは史上初めて米国内での店舗数を減らす決意をしていた。

マクドナルド 米国でも店舗数減へ 【MCD】
マクドナルド 【MCD】から、25 share分、15.25ドルの配当金を獲得した。マクドナルドといえば、国内の業績はいまひとつ芳しくない。世界ではどうか、というと、実は世界でもあまり宜しくない。1970年以...

1月時から、3Q終了時のリターンの変化

151113 MCD1

主要マーケットは、左側から右側に移ってきている。

つまり、1月時点よりは業績が各国で改善しているという事を示唆している。

我が国は、改善はしつつも3Q終了時点でも残念ながら微減となっている。

9月終了時点の国別YTD

151113 MCD2

オーストラリア:7.1%増

カナダ:6.0%増

UK:5.2%増

ドイツ:2.5%増

フランス::2.3%減

あれれ、日本はどうなった?

記載が無いぞ  と思っていたら、プレゼン資料の後ろの方にあった。

日本の状況

151113 MCD3

日本はというと、9月末時点のYTDで20.3%減という苦しい立場だった。

だが、3Q つまり7-9月で見てみるとその下落率は4%に留まっている、

と言いたいんだろうな。

マックの客足が滞っているのは、私自身も感じていた。

マクドナルドの客はやはり少ない?
【MCD】マクドナルドより25株分、15.25ドルの配当金を獲得した。中国での問題があって依頼、ヘルシー志向も相まってマクドナルドの売り上げ状況は日本ではかなり落ちているようだ。それは海外でも同様であると思われる。 ...

3Qだけでも前同で4%減というのはつらい。

なぜなら昨年の3Qには既に客足は鈍っていたから。

それでも【MCD】は増配してくれた。

日本の業績が悪くても他の国で業績が伸びているので、【MCD】はプラス成長。

40年連続増配を達成したし、このまま継続保有していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »