一億総活躍? アーリーリタイアを目指している私はアンチなのか?

スポンサーリンク

一億総活躍推進室 なるものが稼働したらしい。

このネーミング、いかがなものか?

なにせ私は、アーリーリタイア目指している。

活躍なんてしなくてもよいから、私はのんびり過ごしたいんだよ、安倍さん!!

きっとそう思う人は少なからずいるのではないか?

アーリーリタイアするまでは頑張るから許してよね。

そんなわけで、一億総活躍と私の目標について少し考えてみたい。

一億総活躍と私の目標

安倍さんの、いわゆるアベノミクスは「三本の矢」で比喩されていた。

一億総活躍推進室も同様に3つの目標を掲げているようだ。

① GDP600兆円   (2014年:名目:525.9兆円、 実質:490.8兆円

② 出生率1.8    (平成25年:1.43

③ 介護離職ゼロ   (過去5年:48万7千人

どれも達成が容易ではない数値目標に感じる。

我々のニッポンも、こういった数値目標に向かって頑張るのだ。

個々人が一人ひとりしっかりとメジャラブルな目標に向かって人生を歩むのも重要だと思う。

で、私の場合はそれが配当金生活であり、アーリーリタイアである。

① 配当金250万 (2014年:約19万  2015年:50万予定

これを達成したとき、一億総活躍のスローガンにネガティブインパクトはあるのか?

① GDP600兆円:??: 配当金生活はGDPに貢献できるかは不明

② 出生率1.8 :OK: 我が家には2名のかわいい子供が既にいる

③ 介護離職ゼロ:OK: アーリーリタイアしても、退職理由は介護ではない

よし、大丈夫なようだ。

アーリーリタイア目指しても、問題ない。

米国株価もぼちぼち上昇してきたし、今のところ保有株が減配されたという報道は見られない。

あとはその方法をしっかりと練って、自分の目標達成に向かっていくだけだ。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク