配当の力は偉大~長期投資には増配銘柄が良い~

スポンサーリンク

10月2日(金)は、久しぶりに振替休暇を取得した。

家でのんびりとしながら、海外投資ブログをぼけーっと眺めていた。

その中で、配当の力を再確認したグラフがあった。

配当の力は偉大

S&P 500 vs S&P 500+配当  1990年11月~2012年11月

151002 dividend

S&P500インデックスは配当を合わせた方がリターンがなんと58%も優れていたらしい。

ちなみに、この58%という数字は絶対値ではなく相対比率である。

つまり、

  • S&P500   :4%
  • S&P500+配当:6.32%(4%×158%)

という事。

これだけリターンが異なってくると、配当の力を認識せざるを得ない。

さらにその配当が毎年増加する連続増配銘柄というのは、とても投資家思いの会社

だ。

このサイトとは別に、個人投資家の投資原則についてのページも参考になったので残しておく。

投資成功への7つの原則

原則1: 高い配当利回りは、高い投資リターンと同義ではない

原則2: 一歩でも前進したら、それは立派な増配だ

原則3: 今日の配当は素晴らしい、配当の永続は更に素晴らしい

原則4: 増配の根源は、優れたビジネスモデルによる

原則5: 余剰資金がある際に、銘柄購入する

原則6: 購入した理由を知っているなら、売却する理由もわかるだろう

原則7: 原則を考えよ、成長を意識せよ

アレンジしてみるとこんな感じだ。

私見、

それにしても、配当の力は偉大である。

配当再投資はさらに力を増すはずだ。

高配当株や連続増配銘柄の魅力に取りつかれてしまう。

それら銘柄の情報はどこにでもあるが、国内外のブログを参考にして今後もアメリカ連続増配銘柄に投資していく事にする。

See you!

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク