我が家の支出公開 【15年7月】

スポンサーリンク

我が家の先月の支出額を検証したい。

自分の家庭の支出額は、米国、日本のそれぞれの平均と比較したらどうなのであろうか? という疑問をもっていた。

各々の月平均支出はデータベースから調査済みである。

米国の平均支出は、519,330円(2.5人世帯、18歳未満:0.6人、有業者:1.3人)

日本の平均支出は、319,170円(2人以上世帯、勤労者世帯)

では、15年7月の我が家の支出はどうであったか?

7月の支出

支出合計436,284
食費90,715
現金・カード0
交通費87,240
趣味・娯楽12,712
日用品39,492
衣服・美容5,400
特別な支出
交際費26,818
住宅53,000
水道・光熱費17,499
教養・教育49,140
通信費18,618
自動車35,640
保険0
健康・医療0
税・社会保障10

詳細

支出が少しずつ下がってきている。

良い傾向だ。

自分の行動を可視化する(支出の数値化)事によって、効率よく生活が出来るようになってきていると少しずつ実感できるようになってきた。

交通費: 87,240円

7月末にお盆用に新幹線チケットを購入したのだ。これが約7万円。

このチケットは2日後にはキャンセルをして、レンタカーに切り替えた。

その費用が

自動車:35,640  の内の約28,000円

新幹線チケットをキャンセルする際にはキャンセル料が取られる。

乗車券 : 220円

指定席 : 330円

私は往復、4名分を購入してそれをキャンセルした。

しかも、みどりの窓口に並んで30分×2回を費やしてまで。

新幹線チケットをネットで簡単に購入できるようにならないものか。

JR東日本、東海、その他 で購入方法が異なるし、購入方法が慣れていないと分かりにくい事甚だしい。

これは、大企業JRの怠慢だと思う。 ネットで簡単に購入できるようにすれば、もっと日本人にも来日外国人にもユーザーフレンドリーであると思うのだが。

大企業JRは決してそういう事は考えないらしい。 日本のおもてなしも所詮はその程度だ。

キャンセル料の事を思い出したら気持ちのままに記載してしまった・・・

話をもとの家計簿 に戻そう。

FI%

私は、

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式を重要視している。

7月の配当金は、70,171円であった。

7月の支出は、43,6284円であった。

FI% = 16.1% だ。

3カ月前の、4月は、

配当金:39,286円

支出 :399,775円

FI% = 9.8%

と、大幅に改善している。

このまま、FI%の向上を目指していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »