ポートフォリオの評価額が半分になったら?

スポンサーリンク

ポートフォリオの評価額が半分になったとしたら?

そんな事を考えさせられる出来事があった。

TAL international 凋落事件である。

【TAL】は配当金をKPIとする場合には非常に優れている。

利回りが高い上に、税金がかからずに手元に振り込まれるからだ。

そういった背景もあり、私は75株を所有している。

そして2015年は、133.2ドルの配当金を受け取っている。

魅力的にみえる【TAL】ではあるが、その評価額の下落っぷりがハンパない。

グーグルファイナンスを見てみよう。

【TAL】の株価推移

150809 TAL2

グーグルファイナンスより引用

年4月頃までは40ドルちょっとの株価推移であった。

ちなみに私の平均購入株価は、42.3ドルである。

それが5月には40ドルを割り、6月には更に下がり、7月には30ドルを割り、いま現在はなんと19ドルだ。

おいおい、42ドルで買った株が、半年もしないうちに19ドルになっているよ!

なんだこれは? と思いつつも、この背景を理解できずに、何も対策を施さないままに放置しているのがいまの私の実情である。

指標をみてみよう。

指標

株価   19.5

PER    5.54

EPS    3.52

配当    2.88(14.77%)

配当性向   81.8%

β     1.67

指標を見る限りは非常に割安であり、高配当であり、購入したくもなってしまうような値だ。

気になるのはやはりβ値が高いという事だ。

ダウ30が下落傾向のいま、【TAL】はその倍以上のスピードで株価ダウンしているようだ。

まとめ

まとめも何にもないが、やはり分散投資は素人には大事だと思う。

【TAL】の一点集中投資をしていた場合を考えてみると、恐ろしい。

そして私自身の性格からは、β値が低い すなわち、まったりとした株価推移の銘柄が好みなのだろうと自己分析した。

以前もそのように感じた次第であるが、β値の低い銘柄に投資し、ポートフォリオがインデックス以上の値動きをしないように固めていくのが私には合っているのだろう。

手堅く、長く、簡単に続けられる投資方針の模索をしていこう。

そしてそのベースになるのは、アメリカの連続増配銘柄であろう。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『ポートフォリオの評価額が半分になったら?』へのコメント

  1. 名前:いおい 投稿日:2015/08/10(月) 02:35:49 ID:93ee3c59c 返信

    TAL買ってみようかなと思います。
    分散投資とても大事ですよね。
    私は銘柄分析にそんなに自信がないので、
    バンガード®・米国増配株式ETFを単純に買い増すか、
    U.S. Dividend Championsのリストの中からチャートを見て割安なものを
    業種分散して単純に買い増そうと考えていますがアドバイスをいただけると幸いです。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2015/08/13(木) 16:37:15 ID:cf343dbcc 返信

      いおいさん、こんにちは。
      アドバイスも何も、私は素人投資家ですのでそんなたいそれた事はできませんよ。

      私個人の投資レベルを前提に考えると、おそらく個別銘柄投資で分散するよりもETF投資の方が結果は良さそうであると邪推しています。
      しかしながら、個別銘柄の方が配当金を個別でもらえますし、信託報酬などもかかりませんし、何より楽しいという理由から、私は個別銘柄投資をするようにしています。
      人それぞれの目的が異なるでしょうから、投資の方法も千差万別なのでしょうね。
      お互い切磋琢磨していければと思います。