家計簿公開 【15年6月】

スポンサーリンク

我が家の先月の支出額を検証したい。

自分の家庭の支出額は、米国、日本のそれぞれの平均と比較したらどうなのであろうか? という疑問をもっていた。

各々の月平均支出はデータベースから調査済みである。

米国の平均支出は、519,330円(2.5人世帯、18歳未満:0.6人、有業者:1.3人)

日本の平均支出は、319,170円(2人以上世帯、勤労者世帯)

では、15年6月の我が家の支出はどうであったか?

我が家の家計簿【15年6月】

 2015年6月割合
その他以外支出569,561100.0%
交際費231,89040.7%
趣味・娯楽144,88025.4%
食費71,59512.6%
住宅50,6008.9%
教養・教育24,9604.4%
通信費22,3633.9%
水道・光熱費9,4001.7%
日用品7,2721.3%
衣服・美容6,6001.2%
税・社会保障10.0%
交通費00.0%
特別な支出00.0%
自動車00.0%
保険00.0%
健康・医療00.0%

いやはや、今月も赤字でござる。まいった。

理由は明白であるが…

項目をそれぞれ見てみたい。

交際費

6月総支出の40%以上を占めている。

飲み会3回と、赤坂の高級キャバクラ2回が響いた格好だ。

このうち、10万円は友人から返してもらっているので、実質的な支出はこれよりも少ない。

支出するのも良いが、そこから何を得るか? という点も重要だと思う。

学んだ事と言えば、キャバ嬢の多くは老後を憂いている、日本国は今後全ての人が将来を心配しながら過ごしそうだ  という事だろうか。

詳しくはこちら

趣味・娯楽

こちらは15万円近く、総支出の1/4程度を支払っている。

おおよその内訳はこうだ。

・8月の沖縄旅行宿泊代      :12万円

・ヤクルトvs中日 観戦チケット :1万5千円

・その他書籍等

沖縄旅行はマイルが貯まっていたので、飛行機代はかからない。

宿泊代のみですんでいるので、よしとしよう。

このところ業務に取られる時間がかなり多く、とにかく休暇を取れる事と沖縄の海を見ながら安らぎたい という気持ちが強い。

その他支出

それ以外は想定の範囲内であろう。

子供の英語月謝を先月2か月分支払っているので、少し教育費が安くなっている。

また、通信費についてはNTTを解約したり、Yahooを解約したりしたので、7月以降に出てくるであろうその効果が楽しみである。

配当金獲得金額

私は、

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式を重要視している。

6月のFI% = 66,389円 ÷ 569,561円 = 11.7%  となる。

上記の計算式をみてお分かり頂けるように、この指標を好転させるには、

①配当金獲得額を増やす

②家計支出を減らす

の2パターンしかない。

家計支出を減らす事を考えつつ、配当金獲得額を増やしていく事が重要だ。

過去のFI%はこちら。  6月の米国株の配当金はこちら。

米国株配当金のタイミングから四半期前のFI%と比較してみたい。

3月 : 14.5%

6月: 11.7%

と低下している。

配当金額は、3月:54,575円 に対して 6月:66,389円と上昇しているにも関わらずである。

支出コントロールの重要性を感じた次第である。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

『家計簿公開 【15年6月】』へのコメント

  1. 名前:mimi 投稿日:2015/07/19(日) 23:02:42 ID:4851a21c2 返信

    こんばんは。

    東京圏(ですよね?)なのに住宅費がえらく安くて羨ましいと思ったのですが、これは借り上げ社宅とか社宅だからでしょうか?

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2015/07/20(月) 11:08:05 ID:9b9983004 返信

      mimiさん
      こんにちは。 
      そうです。住宅費は借り上げ社宅です。 
      しかしながら、実は私の勤めている会社ではこの制度の使用期限が決まっています。 
      その期限が過ぎたら… と思うと恐ろしいです。 (住宅費が跳ね上がるので)
      そういった事もあり、昨年から本格的に株式投資を始めております。

Translate »