TAL インターナショナルから配当金 その利回りは9%以上

スポンサーリンク

TALインターナショナル 【TAL】から、75株分 54ドルの配当金を獲得した。

指標

■株価   29.52

■PER   8.26

■EPS   3.57

■配当金  2.88

■利回り  9.2%

■配当性向 80.7%

■連続増配 5年

【TAL】の分配金

TALの分配金には税金はかかっていない。

ホームページには以下の記載がある。

we believe this distribution will qualify as a return of capital rather than a taxable dividend for U.S. tax purposes. 

高配当である上に税金が引かれないので、非常によい利回りだ。

私は今年に入ってから、133ドルの分配金を【TAL】から受け取っている。

TAL様様だ。

そんなわけで、5月には15株を買い増ししていた。

その当時は株価が少し下がってきていた所で、指値に刺さったという背景があった。

だがそれ以降、どんどんと株価は更に低迷している。

含み損は900ドルオーバー…

配当金よりも多額の含み損を抱えている。

これは何か反省をしないといけないだろう。

TAL購入の反省点

私は以下に注目して銘柄選択するようにしている。

銘柄選択に重要視する指標

・PER

・配当利回り

・配当性向

・5年増配率

・連続増配年

【TAL】で気づいた点としては、β値を考慮していなかった事だ。

β値は、株価指数と比較した個別銘柄の値動きの大きさを示す値、と理解している。

βが1よりも大きいと、株価指数よりもさらに大きく値動きする

βが1よりも小さいと、株価指数程は値動きしない

という事だろう。

グーグルスプレッドシートでの計算式は下記になる。 (A3はティッカーを記入)

=GoogleFinance(A3,”beta”) 

早速算出してみた。

銘柄β
TAL1.79
EMR1.32
CVX1.15
VT1.13
AXP1.1
IFGL1.04
WFC1.01
MSFT0.95
XOM0.84
IYR0.79
IBM0.7
GSK0.67
BAX0.63
MO0.57
JNJ0.54
PG0.49
NGG0.42
WMT0.41
T0.37
MCY0.37
VZ0.36
MCD0.32
PFF0.31
SO0.05

ぶっちぎりの第一位。

どうりで値下がりが激しいわけだ。

私はこのようなジェットコースターは望んでいないと自己認識した。

まとめ

【TAL】は9%を超える配当利回りであり、それには税金もかからずに魅力的な銘柄の一つである。

しかしながらβ値が1.79であり、値動きは激しい事が今回分かった。

今後は銘柄選択の際にはβ値を考慮する必要があると思われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »