私のパフォーマンス状況 【15年6月末】

スポンサーリンク

私は2014年1月から本格的に開始した。

15年6月末時点では、対投下額に対して+16%であった。

ダウ&Nikkei225

自分のパフォーマンスについて考察する際には、何か他のものと比較しなくてはいけないと思う。

私の場合はとりあえず一般的指標であるDJIとNikkei225と比べている。

150708 ダウ 日経yahoo finance より

上記は、2014年1月1日~2015年6月30日の数値を推移を示している。

2014年1月1日時点

ダウ:16576.66ドル

日経:16291.31円

2015年6月30日時点 (対14年1月1日 %)

ダウ:17620ドル (+6.3%)

日経:20235円  (+24.2%)

円安が進行しているので、ダウを円建てにしてみれば2014年冒頭からの上昇率の見え方が変わるのだろう。

だが今回はそういった事を抜きにして考えてみた。

一方、私の投資状況の場合は、投資資金の逐次投入を実施せざるを得ない為に年率換算は難しい。

とにかく対投資額に対してどれだけ評価額が動いているのかを見ている。

投資元本と評価額の推移

150708 対投下額

2014年1月の投下額を「1」 として、その後の推移を示している。

2014年8月以降は投資元本を評価額が上回っており、さらには毎月の評価額が右肩上がりであった、先月までは…

投資を本格始動してから、これだけ評価額が下がった月は初めて経験する。

(というか、今日計算してみたところ、こんなに評価額が下がっているのに気付いてしまった)

そして昨日の状況を鑑みると、7月末の評価額結果も楽観視していられるわけではない。

このような経験をしっかり積んでこそ、長期投資家の仲間入りができるのだろう、

と今のところはポジティブにとらえている。

(本当は経験せずにずっと右肩上がりなのが理想なのですがね)

さらに、この表を見て気づいたのがここ3カ月は元本追加をしていなかった点だ。

そろそろ私自身の財政状況かあらも、元本投下を実施して良いころ合いになっている。

なのでこの7月に投下してみようと思う。

まとめ

2014年1月~の投資元本と評価額の推移を検討した。

対2014年1月は、ダウ:+6.3%、日経平均:24.2%、私のパフォーマンス:+16.0%であった。

2015年4月以降、元本追加をしていない事も把握できた。

7月以降に元本投下し、連続増配米国銘柄に継続投資していく予定である。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『私のパフォーマンス状況 【15年6月末】』へのコメント

  1. 名前:いちろ 投稿日:2015/07/09(木) 12:36:58 ID:b7d01a17e 返信

    こんにちは^_^ 米国株の買い場がきそうですね。それがギリシャではなく、中国が
    提供してくれるとは思ってませんでしたが(汗

    ちなみに、私の利用している楽天証券では、今日BXTLの入庫が確認できました。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2015/07/09(木) 17:20:19 ID:0c91dc715 返信

      いやぁ、ほんと驚きましたね。暴落の夏、中国の夏。

      BXTL入庫情報ありがとうございます。 
      私は米国株:マネックス、日本株:SBI、NISA:楽天 となんとなく使い分けているのですが、米国株をマネックス以外で購入してみたくなってきました。