【JNJ】 ジョンソンエンドジョンソン 株価97.5ドルで10株購入

スポンサーリンク

7月1日に、【JNJ】 ジョンソンエンドジョンソン 97.5ドルで10株購入した。

この事により、年間配当金が30ドル(税引き前)増えた事になる。

これで持ち株合計70株、平均購入単価101.0ドルとなった。

まずは今の【JNJ】の指標をみてみよう。

指標

■株価       98.44ドル

■P/E      17.63

■EPS      5.59 ドル

■配当      3ドル (3.0%)

■配当性向    53.67%

■増配率5年     7.4%

■増配率10年   9.7%

■連続増配年          53年

P/E推移をみてみると、割安とも割高ともいえない水準であるように思う。

PER推移

150705 jnj0

モーニングスターより

良いビジネスを安い価格で買った という事ではなく、良いビジネスを適正価格で今回は購入した という感覚。

配当性向からはまだまだ増配余地もありそうであるし、増配率も8%/年程度は今後も期待できると考えている。

【医療用医薬品】

ジョンソンエンドジョンソンは、医療機器、医療用医薬品、バンドエイド等の生活品の3つのセグメントに分けられている。

今回は医療用医薬品セグメントについて考えてみたい。

JNJ

この図をみると、真ん中のmaximize部分がこれから数年間のJNJの利益を支える製品であり、右にあるInvest部分の化合物がさらにその先のジョンソン・エンド・ジョンソンの屋台骨となりうるものだと理解した。

この数年を考える場合は、真ん中の部分、さらにその一番上にある、XARELTO(Rivaroxban)の売上が重要となる。

それはどの程度の製品なのだろうか?

Xareltoの売上

JNJ

これは米国における、新規経口抗凝固薬のシェア推移である。

Xareltoは13年5月以降、トップシェアの座を守り続けているし、そのシェアはぐんぐん上昇している。

ブリストル・マイヤーズスクイブとファイザー連合が販売しているEliquisが勢いよくシェアを上げているが、まだXareltoには余裕があるように見える。

また、JNJはXarelto以外にも多数の製品、更には医療用医薬品以外にも2つのセグメントがあり、万が一このXareltoリスク分散されている。

ここは安心して見ていてよい銘柄だ。

まとめ

【JNJ】97.5ドルで10株購入し、その指標と医療用医薬品セグメントについて考えてみた。

過去10年のP/E推移からは、現在は割安・割高とは言い切れず、適正価格であると思われた。

注目されている製品、Xareltoの米国内シェアは順調に伸びており、今後も安定してい利益を生み続けると考えられた。

以上の事より、【JNJ】は継続保有していく。

【JNJ】の別記事はこちら

ジョンソン・エンド・ジョンソン株価は注目 お薦めな理由【JNJ】
ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】はアメリカを代表する銘柄。 とにかくすごい。 何が凄いかって? それを3つ挙げてみ...

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『【JNJ】 ジョンソンエンドジョンソン 株価97.5ドルで10株購入』へのコメント

  1. 名前:いちろ 投稿日:2015/07/06(月) 20:24:43 ID:9d1c82b76 返信

    こんにちは^^ JNJいいですね。JNJやPGは今だと利回りは3%以上で
    増配ももはや義務化しているので、安心して保有できますね。

    私も今晩あたり何か買いたいものです。候補が色々あって悩みます。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2015/07/06(月) 21:14:13 ID:8c478d989 返信

      いちろさん
      いよいよ米国株にも購入チャンスの到来かもしれませんね。
      JNJとPGと悩みましたが、PGの配当性向の高さを懸念した為にJNJにしました。