アメリカ株で、アーリーリタイヤを目指す(1)

スポンサーリンク

私の目標は、2027年にアメリカ株の配当金で、アーリーリタイヤを達成する事。

アメリカ株でアーリーリタイヤを目指す過程について、今現在考えている事を記載する事にした。

「(配当金を雪だるま式に増やす投資日記」 ~Dividend Snowball Investing~の影響を色濃く受けていると思います。)

来年の配当金

これを計算式であらわすと下記となる。

X:2016年受取配当金 =

A:2015年受取配当金 + B:追加投資分 + C:配当金再投資分 + D:増配分

- E:減配分 - F:売却分

更にチャートにするとこう。

アメリカ株でアーリーリタイヤを目指す

このフレームワークを毎年繰り返し、2027年にアーリーリタイヤ達成するというのが今現在の私の目標。

その為には何が必要か?

計算式から分かる事は単純に

B:追加投資を増やす

C:配当金再投資をしっかり実施する

D:増配率の高い銘柄を選択する

E:減配リスクの低い銘柄にフォーカスする

F:売却は原則実施しない。実施する場合は、より配当利回り/増配率の優れている銘柄に資金を割り当てる。

が挙げられる。

このPDCAをしっかりと回していくことが重要。

目標達成まで25年?

実は、ブログ移転する前に試算した際には、その達成までに25年かかる事が判明していた。

25年かかるというと、2040年という事になる。

私の目標よりも13年も遅い。

この13年をいかに短縮するのか?という事に対する解決案を考える必要がある。

まずは前述の式をしっかりと咀嚼した後に、その解決案が浮かぶかどうか検討してみたい。

X:2016年受取配当金 =

A:2015年受取配当金 + B:追加投資分 + C:配当金再投資分 + D:増配分

- E:減配分 - F:売却分

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »