アメリカ株 配当金 【CVX】 シェブロン

スポンサーリンク

米国連続増配銘柄である、【CVX】シェブロンより、25株分 19.2ドルの配当金を獲得した。

スケールメリット

シェブロンと言えば、スーパーメジャーの一角、超巨大企業。

石油会社では世界第四位の時価総額であるし、全産業でみても23位。

連続増配は27年続いているし、100年以上配当金を支払い続けている。

そして、世界の幅広い地域で商売をしている。

ライバルの【XOM】もそうなのかもしれないが、【XOM】のプレゼン資料からは私はあまり感じなかった点である。

CVXポートフォリオ世界

競合優位性

これも【XOM】と同じである。

デカイし、アメリカ政府と仲良くやっているし、他社を寄せ付けないオーラを漂わせている。

ロビー活動費用も潤沢な様子だ。

トータルリターン

競合優位性を持ったオイルメジャー同士の戦いではどうか?という疑問にプレゼン資料は答えている。

それは株主のトータルリターンである。

このトータルリターンは、配当+株価上昇分を加味したものとして計算している。

5年で見るとS&Pにはかなわないが、オイルメジャーではNo.1です、

10年でみるとダントツNo.1で、それはS&Pを上回っています、

という内容だ↓

トータルリターン

利益

では、利益の方はどうなのであろうか?

EPSを過去10年分、棒グラフにしてみた。

CVX

リーマンショック時 2009年にEPSが激減している。

なるほど、今後も経済状況が悪くなった場合にはEPSは落ちる可能性があるのだろう。

しかしながらここは100年以上配当継続、27年連続増配中の意地、今後もきっと配当&増配を続けてくれると信じている。

(2015年はまだ増配していない)

今後、2017年迄の予測をみるとLNG(液化天然ガス)で利益を出そうとしているように見える。

シェブロンのレポートによると、2035年までに

世界のエネルギー需要 +40%

液体系エネルギー需要 +20%

ガスエネルギー需要  +45%

との事。

私見

予測を信じる限りは、まだまだオイルメジャーの行方は安泰なように思える。

【CVX】は購入単価から-10%程度になってしまっているが、今後も配当金を生んでくれる銘柄として継続保有したい。

まぁとにかく、今後も引き続き米国株の連続増配銘柄を購入し続け、配当金生活・アーリーリタイヤを目指して活動していく。

http://america-kabu.com/2015/12/21/dividend_from_cvx/

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »