アメリカ株は割高なのか? シラーPER?

スポンサーリンク

私は米国株を継続的に購入する事を2015年から始めている。

投資の指標としては、連続増配年数、PER、配当利回り、配当性向を中心に考えている。

PERの、S&P 500平均は20.45だ。

この数字は長期平均の15.54よりも30%程度高い数値である。

PERだけを見たら、アメリカ株は割高域にあるのかもしれない。

しかしながらそのグラフ推移をもう一度よく見てみよう。

【S&P 500 PER】

図4

長期平均からみると割高かもしれないと申し上げたが、2000年以降で見ると以外とそうでもないように見える。

企業の利益ががくーんと下がった2009年のPERはものすごく高くなっている。

このころは株価低迷時代であり、高PERでも株価が低かった際に購入された方は今頃ウハウハだろう。

(そのころに投資に目覚めれていれば・・・)

過去を悔いても仕方ない。

これからどうするかを過去から学べばよいのだ。

PERは刹那的な指標であるが、それを少し見方を変えて算出する方法があると今日知った。

ノーベル経済学賞受賞のシラー教授が編み出したものらしい。

皆様はご存知でした?

私は初耳。

この指標は、直近の企業利益ではなく、過去10年間の1株当たり企業利益の平均値をインフレ率で調整し実質化してPERを計算するもの。

長い目で見た場合のPER、という事だろうか。

ではそのシラーPERをみてみよう。

シラーPER

シラー

ちょっと高めに見える。

これは困った。

やはりアメリカ株は割高なのかもしれない。

こういった場合のhow to do を考えなくてはいけない。

IBM のように現在のPERが低い銘柄

WMT や UNP,PGのように年始から株価が下がっている銘柄(15%程度)

この程度しか今は思いつかない。

こんな時は、他者から学ぶしかない。 という事でバフェット先生お願いします。

バフェット先生語録

「今はみじめだけど、
これから10年間は 素晴らしいものになる」

などと考えて
行動してはいけません。

あるいは、
「今はこれだけしか稼げないけど
将来はこの10倍稼げる」
などと考えて行動してもいけません。

今、楽しめないものを
今後10年間に
楽しむことが出来るでしょうか?

たぶん、それは無理でしょう。
今、好きなことをやりなさい。

はい。わかりました。

いま私にとってアメリカ株は非常に楽しいです。配当金増え続けるし。

と、いう事で、今後も引き続き連続増配米国株を購入し、2027年の配当金生活を目指して歩んでいきたい。

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク