時価総額ランキング【15年5月】~No.1はアップル~

スポンサーリンク

時価総額は武器になる。

時価総額と企業買収には密接な関連性があるからだ。

時価総額ランキング 2015年 5月

順位社名$10億
1アップル750.55
2マイクロソフト379.08
3Google(クラスA株式)372.13
4エクソン・モービル356.23
5Google(クラスC株式)363.12
6バークシャー・ハサウェイ(クラスA株式)352.92
7中国工商銀行310.76
8チャイナ・モバイル268.72
9ウェルズ・ファーゴ288.15
10ジョンソン&ジョンソン277.69
11HDFC・バンク291
12ジェネラル・エレクトリック274.77
13ネスレ221.03
14ウォルマート・ストアーズ239.97
15ロシュ・ホールディング223.48
16ノバルティス248.64
17中国建設銀行251.81
18ペトロチャイナ242.9
19JPモルガン・チェース244.08
20フェイスブック220.46
21トヨタ自動車216.96
22P&G212.67
23シェブロン193.69
24ファイザー213.98
25べライゾン・コミュニケーションズ201.64
26ロイヤル・ダッチ・シェル(B株)191.24
27アリババ・グループ・ホールディング222.9
28ロイヤル・ダッチ・シェル(A株)188.19
29中国銀行195.42
30サムスン電子176.03
31アマゾン・ドット・コム199.88
32アンハイザー・ブッシュ・インベブ193.78
33テンセント・ホールディング185.9
34オラクル189.92
35HSBC・ホールディングス192.16
36ウォルト・ディズニー187.27
37中国農業銀行176.28
38AT&T179.37
39コカコーラ178.53
40メルク172.03
41IBM167.06
42バンク・オブ・アメリカ173.52
43ビザ167.88
44シティグループ164.09
45インテル163.48
46ギリアド・サイエンシズ164.99
47シスコ・システムズ149.07
48コムキャスト146.94
49ノボ・ノルディスク146.66

例えば、日本ABCという会社がチャイナABCに買収される事を考えてみる。

日本ABCという会社がチャイナABCに買収される場合

企業買収について何か知識があるというわけではないが、単純に考えてみると買収する場合は

①現金で相手の株を買う

②自社株やその他で相手の株を買う

という方法が一般的なのだろうと邪推する。

この場合、相手(日本ABC)の株にある一定のプレミアム付きで購入するのが通常。

チャイナABCが非常にメジャーな企業である場合には、現金で購入するときよりもわずかな上乗せプレミアムで済むと想定される。

そうなると、チャイナABCが保有している他社の株式(例えばP&G)でも同様のことがいえる。

バフェットの場合

これを実際に最近行ったのがウォーレンバフェットだ。

バークシャーはP&G傘下の電池部門デュラセルを47億ドル(5,410億円)で買収した。その買収はP&Gの株式で実施されたのだ。

バークシャーはこの買収を保有株式で実施する事により、売却するときに発生する38%の税金を回避する事が出来た。

このように保有株式もしくは自社株式で、他社を買収可能である。

私見

こうしてみると、円安が続いている場合、日本企業は株価が上昇し続けない限り買収されるリスクは高くなるのかもしれない。

逆に、時価総額が大きい企業が固まっている米国はこの数年はやはりまだ買収されるというだろう。

と、いう事でやはり今後も米国株を継続して購入し続け、2027年のアーリーリタイヤへの道程を歩んでいこう。


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク